ホーム > 特産品図鑑 > オランダえんどう

特産品図鑑特産品図鑑

オランダえんどう

Pisum sativum L.

カナダ生まれなのにオランダえんどう

昭和の初めころ、カナダやアメリカから和歌山県に導入されたのがはじめとされています。
オランダえんどうはえんどう豆の中でも特に連作障害に弱く、若い鞘を収穫しないといけないので、雨などで一日でも収穫が遅れると実が肥満してしまう手間のかかる種類なのです。
和歌山県では、その手間のかかるオランダえんどうをはじめ、うすいえんどう、きぬさやえんどうの生産量が日本一(※)の、全国有数のえんどう産地なのです。
※平成20年度 農林水産省統計

出荷カレンダー 出荷カレンダー

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 



































出荷時期                                                                        

※出荷時期は天候などによって変更になる場合がございます。

ページの先頭へ