ホーム > ニュース > 10月26日は「柿の日」

ココわかニュースココわかニュース

10月26日は「柿の日」

2020年10月26日

 今日は「柿の日」

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」

 みなさんもこの有名な俳句を一度は耳にしたことがありますよね💡

 そうです!正岡子規の俳句ですね😃

 1895(明治28)年10月26日に旅行先の奈良で柿を食べた俳人の正岡子規が、この俳句を詠んだと言われています。

 この俳句にちなんで、10月26日は「柿の日」と定められたのです!(^^)!

 この俳句は明治時代に詠まれた俳句ですが、柿はなんとさらに遡った奈良時代から流通していたというからビックリですよね~😲!

 柿と言えば甘柿をイメージしますが、この当時流通していたのは渋柿なんです。

 渋柿を熟柿や干し柿にして食されていたそうですよ🎶

 

 ここでひとつ豆知識👀❢

 柿の学名を知っていますか?

 ギリシャ語で「Dios(神の) pyros(食物) Kaki」と名付けられているんです🌟

 すごく神々しい名前ですね~✨

 柿にはビタミンやミネラルなどたくさんの栄養素が含まれていて、「柿が赤くなれば医者は青くなる」とも言われています💡

 このことからも、柿に「神の食物」という名前が与えられる理由がわかりますね~(^^)✨

 その名前のとおり、柿は1日1個食べると、1日分のビタミンC摂取基準量を満たすことができると言われるほど、物の中ではトップクラスなんです!👏

 ビタミンCは風邪の予防や免疫力アップ、美肌維持などにも効果的です♪

 柿が出回るこの時期にぜひ、和歌山の柿をお召し上がりくださいね~☺

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆HP「かき音ちゃん.com」では和歌山の柿についての楽しいコンテンツがいっぱい♪

こちらをクリック!👇

http://kakine-chan.com/

友達に教える
  • twitterへRTする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ページの先頭へ