ホーム > ニュース > 連休はうすいえんどうを食べてみて!(レシピ付き)

ココわかニュースココわかニュース

連休はうすいえんどうを食べてみて!(レシピ付き)

2020年5月1日

5月4日は、「うすいえんどうの日」です。と突然言われても?となる方もいるかもしれませんので説明させていただきます。ココわかニュースでも何度か取り上げていますが、うすいえんどうは、和歌山県で盛んに生産されているえんどう豆の名前です。

なぜ、5月4日が「うすいえんどうの日」かといいますと、うすいえんどうの緑と「みどりの日」にちなんだことと、うすいえんどうの出荷がピークとなる時期でもあることから5月4日が「うすいの日」の記念日と決められました。

うすいえんどうについて説明しますと、見た目は「グリーンピース」とあまり変わりませんが、食べていただくと全然違います。食感はホクホクで甘味が強いのが特徴で、グリーンピースの豆ごはんを嫌うお子様が食べてみるとおかわりをしてお母さんがびっくりする場面も聞いたことがあります。

うすいえんどうはサヤから実を取り出さなけれなりません。調理にひと手間かかる食材ですが、スーパーでは春の食材としてだいたい店頭に並んでいます。外出できないこの時期にひと手間かかるおいしいレシピに挑戦してみてください。

 

友達に教える
  • twitterへRTする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ページの先頭へ