ホーム > ニュース > 6月15日「生姜の日」に和歌山県産を!

ココわかニュースココわかニュース

6月15日「生姜の日」に和歌山県産を!

2019年6月13日

和歌山県産の「新しょうが」は主に和歌山市内で生産され紀の川の下流や海の近くの砂地で栽培されており、みずみずしさとやわらかさ、また見た目が白く美しいところが特徴です。

 

6月15日は、生姜の日です。奈良時代に石川県金沢市にある波自加弥(はじかみ)神社で当時、大規模な干ばつにみまわれ、干ばつでも自生していた生姜(はじかみ)を使い雨乞いしたところ水が湧き出したことを由来に記念日に制定されました。

毎年、6月15日(生姜の日)ごろになると、和歌山県産の「新しょうが」の出荷が最盛期となり全国に出荷され皆さんのお近くのスーパーでも販売されています。梅雨のジメジメと暑さを新しょうがのさっぱりした風味で乗り切りましょう!オススメは甘酢漬け(ガリ)とショウガごはんです。ココワカのホームページにレシピも掲載していますのでお試しください。http://kokowaka.jp/news/2018/05/28/5114.html

また、6月14日(金)には、テレビ(関西圏限定)放送、6月15日(土)には、東京(銀座)の「みのりカフェ、みのる食堂」でも和歌山県産新しょうがのPRを予定しています。

 

○テレビ番組詳細

放送日 6月14日(金)11:30~11:54 

NHK「ぐるっと関西おひるまえ」でJAわかやまの生産者が出演予定です。

○「みのりカフェ」「みのる食堂」でのPR

6月11日(火)~24日(月)に銀座三越9階銀座テラスにある「みのりカフェ」「みのる食堂」でPRを行ないます。

詳細は「全農みのりみのるプロジェクト」のホームページでhttp://minoriminoru.jp/topics/2019/06/post-87.html

友達に教える
  • twitterへRTする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ページの先頭へ