ホーム > ニュース > 和歌山市内小学校でうすいえんどうの給食と出前授業

ココわかニュースココわかニュース

和歌山市内小学校でうすいえんどうの給食と出前授業

2019年4月24日

 毎年露地うすいの出荷ピークとなるこの時期、県下の豆を出荷しているJAで組織する、豆類消費拡大対策事業協議会から、和歌山市内小学校へうすいえんどうを提供し、児童の皆さんに豆むき体験や、うすいえんどうをつかったメニューの給食を通じ和歌山県産うすいえんどうを知ってもらう取り組みを実施しています。

 今年は、市内小学校51校で4月24日、25日の給食で、うすいえんどうを使ったメニューが出されます。これに併せ、24日に木本小学校で、1年生を対象に出前授業を行いました。

  

 担当者からうすいえんどうの紹介を行いその後、みんなで豆むきを体験しました。みんな上手にむいてくれました。むいた豆は、25日に全校児童の給食に使用されます。今が出荷ピークの和歌山県産うすいえんどうをよろしくお願いします!

友達に教える
  • twitterへRTする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ページの先頭へ