ホーム > ニュース > キャベツの出荷が本格化します

ココわかニュースココわかニュース

キャベツの出荷が本格化します

2015年2月18日

和歌山県産のキャベツの出荷が本格化します。

和歌山県で栽培されているのは「春キャベツ」がほとんどです。

春先に出てくるキャベツには、春キャベツと言われるものと、

寒玉(冬キャベツ)と呼ばれるものがあります。寒玉は繊維が堅く、

野菜炒めやお好み焼きに最適で、春キャベツは甘みが強く水分が多い

のでサラダ向きのキャベツと言えます。

春キャベツはこの時期にしか出まわらない期間限定のキャベツです。

このキャベツについて、JA担当者、市場担当者が出荷の形態

品質などについて実際に出荷されているキャベツを見ながら

検討会議を開催しました。

このような会議を定期的に開催し、消費者の方に品質の良い

美味しいキャベツをお届けできるよう努力しています。

↓真剣にキャベツを見ています。

IMG_0153

 

友達に教える
  • twitterへRTする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ページの先頭へ